9月, 2020年

9月26日 地域連絡会議

2020-09-26

菅政権体制となり初めての地域連絡会議を豊橋市からスタート。

10月31日まで県内各地域において実施します。

本日は、14区(今枝宗一郎衆議院議員)と15区(根本幸典衆議院議員)内の市町村長の皆様より要望の聞き取りと提言・意見を承りました。

石井芳樹政調会長の下、コロナ禍においても愛知県内の経済を支え県民の生活を守らなければなりません。

引き続き、政府・党本部と連携を図りながら山積する地域課題に応えていきます。

9月14日 新総裁誕生

2020-09-14

自民党総裁選挙の投開票日です。午前中は、愛知県連において党員投票による開票作業を実施。

午後からは都内で党大会に代わる両院議員総会が行われ、衆参国会議員と都道府県連代表各3名による投票の結果、菅義偉氏が初当選を果たし第26代総裁として選出されました。

菅新総裁の下で、わが党を支えていただく党員の皆様と共に、一致結束してこの難局を乗り越えていく決意であります。

愛知県連による党員投票の開票結果は、以下のとおりです。

各候補の得票数に応じて、県連持ち票の3票をドント式計算で算出。県連代表3名(中野治美幹事長、水野富夫副会長、渡辺義郎名古屋市議団長)が両院議員総会で投票しました。

菅 義偉 20,698票 2票
石破 茂 12,137票 1票
岸田文雄  1,751票 0票

9月4日〜10日 政策懇談会

2020-09-12

主要友好団体の皆様方から来年度の予算要望やご意見をお聞きする政策懇談会(主管 県連政調会)を開催しました。

今年はコロナ禍ということもあり、書面形式やリモート形式も検討しました。

しかし、こういう時だからこそ、実際に生の声をお聞きすることが必要なのではないかとの想いもあり、しっかりと感染症対策を講じた上で、開催するに至りました。

懇談会は計15回を数え、藤川政人県連会長、石井芳樹政調会長、ならびに県連役員、国会議員、県議会議員、名古屋市会議員が、約70の団体の皆様からお話を伺いました。

今後、国・県・名古屋市でしっかりと連携を図り、頂戴したご要望の実現に向けて取り組んで行きます。

9月11日 11月末までのイベント開催制限の考え方について(概要)

2020-09-11

9月8日 総裁選挙がスタート

2020-09-08

自民党総裁選挙2020が告示。本日、党本部選挙管理委員会にて3名の立候補の届出が受理され候補者が決定しました。

衆参国会議員票394票と都道府県連票141票の計535票で争われ、6日間の選挙運動を経て、9月14日の党大会に代わる両院議員総会で新総裁が誕生します。

立候補者
石破 茂 候補 衆議院議員 鳥取1区 当選11回 63歳
菅 義偉 候補 衆議院議員 神奈川2区 当選8回 71歳
岸田文雄 候補 衆議院議員 広島1区 当選9回 63歳

9月4日 緊急執行部会

2020-09-04

安倍晋三総理・総裁の辞意表明を受け、党本部の党則に基づき、「党大会に代わる両院議員総会」(両院議員及び都道府県連代表各3名)において新総裁が選出されます。
本日行われました執行部会にて、自民党総裁選挙に伴う県連独自の郵便による党員投票を正式に決定しました。

【総裁選挙の実施概要】
選挙期日:9月8日告示、9月14日投開票
投票方法:投票用紙(往復はがき・自書式)による郵便投票
選挙人:昨年の継続党員と本年の新規党員が対象
選出方法:県連持分の3票は、各候補の得票数に応じて3票を振り分けるドント方式

9月 8日 告示・候補者の届出、所見発表演説会、候補者記者会見 党本部 
9月 9日 青年局・女性局共催「公開討論会」 各地域よりオンライン参加
9月12日 日本記者クラブ主催「公開討論会」 日本プレスセンタ-
9月14日 党大会に代わる両院議員総会 都内ホテル

Copyright© 2012 自由民主党愛知県支部連合会

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-4-10 大津橋ビル3F TEL:052-951-7473