3月26日 令和3年度予算が成立

2021-03-26

一般会計の総額が106兆6097億円となる令和3年度予算が可決、成立しました。
これにより、わが党は政府と一体で新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を加速させるとともに、菅総裁が掲げるデジタル社会やグリーン社会の実現に向けた施策を強力に進めていきます。

【予算のポイント】
新型コロナウイルスの感染拡大防止対策に万全を期しつつ、中長期的な課題(デジタル社会・グリーン社会、地方創生、全世代型社会保障など)にも対応しています。

新型コロナウイルス感染拡大防止
○予期せぬ状況の変化に備え、コロナ予備費5兆円を措置
○令和2年3次補正予算で病床・宿泊療養施設の確保、新型コロナワクチン接種体制の整備・接種等を措置
○感染症危機管理体制・保健所体制の整備、感染症対策のための診療報酬の臨時措置、医療機器の国内生産能力の増強などにより、さらなる感染防止に取り組む

デジタル社会・グリーン社会
○9月に強力な総合調整機能を有するデジタル庁を設置。マイナンバーカードの取得促進。運転免許証とマイナンバーカードの一体化を推進
○グリーン社会の実現に向け、二酸化炭素の排出削減に取り組む企業に対する成果連動型の低利融資制度の創設やESG投資の呼び込み支援を実施。再エネ・省エネなどの研究開発・導入を支援

少子化対策など全世代型の社会保障制度の構築

Copyright© 2012 自由民主党愛知県支部連合会

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-4-10 大津橋ビル3F TEL:052-951-7473